海外 イタリア 住めば都/sumebaのブログ

アレルギー性鼻炎・花粉症・自己免疫疾患・・・アレルギー体質で典型的なイタリア料理が食べられないイタリア在住ウェブデザイナー。主に食の話、ときどきイタリア観光

【無料の天然温泉】イタリア トスカーナにあるサトゥルニア温泉・ムラーノの滝へ行ってきました!

イタリア・トスカーナ・サトゥルニア温泉・ムラーノの滝イメージ画像

イタリア・トスカーナ・サトゥルニア温泉・ムラーノの滝


こんにちは。sumebaです。

イタリアも日本と同様、各地で温泉が湧いています。ホテルや施設が管理している温泉もありますが、今回、自宅から片道6時間かけてトスカーナにある無料の天然温泉へ行ってきました!

イタリア トスカーナ、サトゥルニア温泉へ

観光客が多く訪れる有名な場所なので、バカンスシーズン、特に週末や春から秋の間は、大混雑するようです。筆者は、4月中旬の金曜日に行きましたが、結構たくさんの来訪客がいました。

この温泉は無料の天然温泉なので、自動車で行くがのがベストですよ。っていうか、自動車じゃないと行けない場所かも!?

温泉近くに、広めの駐車場があり、しかも無料です。大きめのバスタオルもしくは、バスローブを持参するのがよいです。筆者は車中で着替えました。駐車場近くにトイレとシャワー付き(有料だと思います)のバールがあるので、そこで着替えてるのもいいですね。

サトゥルニア温泉・ムラーノの滝近くのバール、イメージ画像

サトゥルニア温泉・ムラーノの滝近くのバール

筆者が行ったときは、天気が不安定でにわか雨が降ったので、ビニール袋を持参するのがおススメです。

濡れた水着を入れる為に持っていきましたが、温泉の近くまでバスタオルや羽織るもの、カバンを持っていきました。ぬるめのお湯なんで、お湯から上がったときは、めっちゃ寒いです。にわか雨が降ったので、防水用にビニール袋の中に、バスタオルやカバンを入れておけば問題なし!できれば、温泉近くの小屋、雨よけできる屋根の下に置くといいですよ。

貴重品については、夫は自動車の中の見えないところに置いていきましたが、筆者は、スマホとお財布をカバンの中に入れ、小屋の近くに置きましたが、問題ありませんでした。

裸足よりもビニールサンダルを持参するのがよいですが、ビニールサンダルよりも、水陸両用のサンダルや、マリンシューズのほうが足場がしっかりしていいです。

岩場が棚状態になっていて、バスタブみたいな感じでお湯に浸かるのちょうどいいんですが、滑りやすいので足元注意です。

筆者は、ビニールサンダルを持参しましたが、お湯の中でくつろぐとき、浮力で脱げそうになったので、お湯に浸かっている時は、ビニールサンダルを手でもってました。

全体的にお湯はぬるいんですけど、滝の近くの上段のほうが、比較的温かく、滝行のごとく滝に打たれ、体もマッサージされるので気持ちがいいです。ものすごい勢いで温水が流れ出てますけどね。

何度も言いますが、お湯はぬるめですが、天然温泉のだいご味としては、なんといっても大自然の中でお湯に浸かってリラックスできることです。それに関しては、とてもよかったですよ!

お湯から上がったときは、本当に寒くて、小腹も空いていたので近くのバールを利用しました。あったかい紅茶とトマトとレタス入り(ケチャップ、マヨネーズ抜き)サルシッチャのパニーノをいただきました。パニーノは7ユーロだったと思います。

ムラーノの滝

goo.gl

 
 
 
View this post on Instagram

Lorenzo Cosciaさん(@8_lorenz)がシェアした投稿 -

場所

営業時間

年中無休

料金

無料

泉質

アルカリ性、硫黄泉

水温度

37.5℃

効用・効能

皮膚科:乾癬、皮膚炎、皮膚病、湿疹、真菌症、ニキビ

呼吸器系:慢性気管支炎および鼻副鼻腔気管支症候群

耳鼻咽喉科アレルギー性鼻炎副鼻腔炎、鼻性難聴、咽頭炎扁桃炎、慢性鼻炎

関節炎、関節リウマチ、リウマチ

血管系:末梢血管障害、下肢の静脈リンパ管機能不全

消化器系:消化不良、便秘、小さな肝不全および脂質異常症

など

参考サイト:

Saturnia Terme : proprietà benefiche delle acque termali

Cascate del Mulino, Terme libere di Saturnia

まとめ

熱めのお湯好みの日本人にとっては、ぬるめのお湯ですが、大混雑する夏場に行くか、空いていそうな真冬に行くか、と考えたら、4月の上旬に行くのがよいでしょう!

硫黄の泥を肌につけて泥パックもできるみたいです。筆者は、泥パックはしませんでしたが、肌がツルンとした気がしましたよ!美肌効果も期待したいですね。

 

今回は、以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

参考になれば幸いです。