海外 イタリア 住めば都/sumebaのブログ

アレルギー性鼻炎・花粉症・自己免疫疾患・・・アレルギー体質で典型的なイタリア料理が食べられないイタリア在住ウェブデザイナー。主に食の話、ときどきイタリア観光

【失敗談】ブログの整理をしていたら、はてなスターの数が消えた・・・という、悲しい事実。

こんにちは。sumebaです。

筆者、今まで無料のはてなブログを利用していまして、今月から、はてなブログPROに切り替え、同時に独自ドメインに変更しました。

そして、はてなブログのデフォルトのURLを利用していたのですが、今更ながらURLの見直し、ブログの編集オプションにあるカスタムURLを使って任意のURLに変更したところ、今までいただいていた数少ない「はてなスター」や「はてブ」の数が消えたという悲しい事実と、そして、失敗して学んだので、今回その件についてお伝えします。

なぜ独自ドメインに変更したのか

なぜかというと、ブログを続けるならば、どう転ぶかわからないけど、とりあえずグーグルアドセンスamazonアソシエイトを利用してみようと思ったからです。

でも、グーグルアドセンスは、独自ドメインでないと申し込みできないから。

そもそも、グーグルアドセンスを利用する目的でブログを始めればよかったのかも? いいえ、正直言うと、心の片隅でブログで収益化を考えていました。

ただし、ブログを始めた当初は、続けられるかわからなかった。

とりあえず、無料のブログから始めてみようと思った。

最初の3か月は、案の定、ほぼ放置気味だった。

2019年初めから、ほぼ毎日更新するようになってから、地道ながらもありがたいことに、アクセス数や読者が増えた。

どうせ続けるなら、収益化を目指そう!と、やっぱり思い始めた。

ただ、計画的に実行しなかったので、あとあと慌てふためく結果につながりました。汗

日本国外からだと、はてなブログPROや独自ドメインの申請ができない!?

収益化を目指すならば、はてなブログPROにアップグレードして、独自ドメインに変更しなくてはなりません。はてなブログPROにアップグレードを試みようとしましたが、「Not available」になってしまったので、はてなサポートに問い合わせをしたところ、有料オプションになるものは法務上の理由で、海外への販売はできないということです。

筆者は、現在イタリア在住なので、はてなのユーザー設定の国情報を、日本以外のおそらくイタリアに設定していたようでした。

ただし、日本に定常的な連絡先がある場合には、国の情報を日本に変更いただけるとのことで、はてなサポートさんに変更してもらい、はてなブログPROにアップグレードができました。

だがしかし、一難去ってまた一難。。

はてなブログキャンペーン経由から、お名前ドットコムで、独自ドメインを申請したのですが、申し込みの際に、日本の実家の住所で登録しても、インターネット経由でどこからアクセスしているか大概わかりますから、海外からだと申し込みボタンが押せないようで・・・エラーメッセージが表示され、結果、お名前ドットコムのサポートセンターに問い合わせをして、2~3回メールのやり取りをし、やっと独自ドメインを取得できました!

ふぅ~、ここまでは少々の苦難と労力を費やしたけど、結果オーライです。

いざ、グーグルアドセンスへ審査申し込み

独自ドメインを取得したので、さっそくグーグルアドセンスへ審査申し込みしました。

審査申し込みを済んだ後に知ったのですが、グーグルアドセンスへ審査申し込みをするならば、申し込みをする前にプライバシーポリシーとお問い合わせフォームは設置すべき項目でした。

help.hatenablog.com

グーグルアドセンスへ審査申し込みした後、慌ててプライバシーポリシーとお問い合わせフォームを作成し、サイドバーにリンクを貼り付けました。汗

そのあと、ついでにamazonアソシエイトにも申し込みし、1回目は審査に不合格で、翌日再度申し込みをしたところ、2回目は合格でした。

おそらく、1回目のamazonアソシエイトの申し込みの際、はてなブログのアカウント設定箇所にある、amazonアソシエイトのIDを入力していなかったのでは?と考えます。

はてなブログの使い方をわかってないと、うまく事が進みませんね。苦笑

グーグルアドセンスの審査結果で、URLを変更

グーグルアドセンスの審査結果の連絡はすぐに来ません。

審査申し込みの翌日、グーグルアドセンスから以下のメールが届きました。

AdSense にお申し込みいただいてから 7 日が経ちました。アカウントを有効にして、サイトでの広告配信を開始するには、次の簡単な手順を実施してください。

翌日届いているのに、申し込みから7日が経ちましたって、おかしくないですか?

まぁ機械的にメール配信しているんでしょうけど、いろいろ検索して調べたところ、グーグルアドセンスのアカウント有効化済みでも、ひたすら結果を待つのみです。

早めの審査合格を目指すには?

ただし、早めに審査合格するためには、グーグルアドセンスのプログラムポリシーに準拠しているサイトであるかどうかが肝です。

審査待ちの際、グーグルアドセンスの審査の件で検索しました。金融系や医療情報はおススメでないような・・・

もちろんアダルトコンテンツはNGですよ。と。

日本に居たときに購入し、イタリアへ持参した「元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍UPするプロの技60」も、少し読み返しました。

 

 

とりあえず、公開している記事の中に、ポリシー違反で引っかかりそうな文言を適切なものに変更しました。

それで、筆者自身も体験談としてイタリアの医療情報の記事を投稿しましたけど、今いったん下書きに戻しています。

でも、医療情報でも体験談ならば大丈夫なような?ブログも見かけたので、後で再度公開しようと思っていますけど。

不合格通知:サイトの停止または利用不可

グーグルアドセンスの審査結果が、申し込みから1週間くらいたった後に届きました。不合格でしたけど、「サイトの停止または利用不可」という内容でした。

同じ不合格通知の方のブログを拝見すると、

  • URLを間違って入力していた
  • カスタムURLへ変更後、変更前のURLがインデックスされていた

www.nonbiriharulog.com

ということで、筆者もURLの最後の「/」を入力していなかったことに気が付きました。

そして、2回目のグーグルアドセンスの審査申し込みをする前に、カスタムURLに変更し、Fetch as Googleを利用してインデックス登録のリクエストをしていたのですが、すごく気が遠くなる作業で、夜遅くまでかかり、インデックス登録のリクエスト済みにならずして、あきらめて寝ました。汗。

なぜ、カスタムURLに変更したかというと、はてなブログのデフォルトURLは、~/entry/以下は、年/月/日/6桁の数字です。

これでは、SEO対策されていなく、グーグルの基準に満たないです。

Fetch as Google自体、2019/03/28以降は利用できなくなるので、必死になってやりましたけど、インデックス登録は時間がかかるという見解で、データ処理を待つことにしました。

その後、Search Consoleの「古いコンテンツの削除ツール」で、以前のURLは削除すべきなんですけど、筆者の場合は、Search Consoleの登録は、独自ドメインに変更してから行いましたので、すでに削除されているという見解ですが、念のため削除リクエストをしておきました。

そして、再度グーグルアドセンスの審査申し込みをするのは、インデックス登録が確認できてからにしようかと思います。

そして、ブログ記事内に自分の投稿した関連記事のリンクを再度貼り直したという、計画的ではなかったため重労働でした。汗

 

そして、気が付けば、すべて更新されましたので、今までいただいていた数少ない「はてなスター」が消えてました。。

スターをつけていただいた方、この場を借りて、お詫び申し上げます。

まとめ

なにごとも計画的に実行することが大事だと、身に沁みました。

 

今回は、以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

参考になれば幸いです。