海外 イタリア 住めば都/sumebaのブログ

アレルギー性鼻炎・花粉症・自己免疫疾患・・・アレルギー体質で典型的なイタリア料理が食べられないイタリア在住ウェブデザイナー。主に食の話、ときどきイタリア観光

イタリア 自動車運転 うっかりすると見逃すスピード違反計測機に気を付けよう!

こんにちは。sumebaです。

イタリアは、自動車需要が高いです。生活するなら、自動車運転免許があるといいですよ。広範囲に移動できるし、もちろん、旅行でレンタカーを使って周遊する機会があれば、なおさらです。今回は、イタリアで自動車運転する場合に、気を付けてほしいことをお伝えします。

イタリアのいい風景に、気分も上がりスピードも上昇!?

イタリア都市部以外は、だだっぴろいところに道路があり、またイタリア人はスピードを出して運転する傾向があるので、イタリアで自動車運転に慣れてくると、うっかりスピードオーバーで飛ばしがちになります。

日本にはない風景で眺めがよく、だたっぴろいところを運転していると、気分も上がり、スピードも上昇しちゃいますよね。

いや、そーではなく、大概のイタリア人は急いでいる場合に飛ばしますが。。

集落に入るときに要注意!

だだっぴろいところから、集落の中を通り掛かるときに要注意です!

f:id:sumeba:20181217232548j:plain

移動中にスマホで撮ったので(筆者は助手席で、運転していません)ピントが合っていませんが、、この先、速度50㎞制限区間でスピード違反すると50の標識の下の掲示板にスピード違反結果(制限速度を超えた数字)が表示されます。

50の標識の下の文字は、velocità rilevata(速度検出)と表記されています。

50㎞以外にも、30㎞、70㎞、80㎞と、場所によって制限速度は違います。

そして先に進むと、

f:id:sumeba:20181217234844j:plain

オレンジ色の縦長い物体が道路の脇に設置されています。これが、スピード違反計測機autoveloxです。

f:id:sumeba:20181217235046j:plain

さらに進むと、反対側の道路の脇にも設置されていて、ものすごいスピードで飛ばして運転していたイタリア人でさえも、この区間だけは制限速度以下で運転します。

他にも注意!controllo elettronico della velocità

実際の写真がなくて、申し訳ないのですが、以下のようなPolizia(警察)マークがついた青い標識で「controllo elettronico della velocità」にも要注意です。

f:id:sumeba:20181218002743j:plain

上記以外にも、以下のようなPolizia Municipale(市警察)マークがついた青い標識の「controllo elettronico della velocità」があります。

f:id:sumeba:20181218003446j:plain

青い標識の「controllo elettronico della velocità」は、結構目立つ大きさで、その近くにオレンジ色ではないスピード違反計測機autoveloxが設置してあります。

広い通りの良い場所にもあったりします。イタリア語に慣れていない旅行者でも、この二つの警察マークを覚えておくといいんじゃないかと思います。

青い標識以外にも、白い標識や高速道路上は緑の標識の「controllo elettronico della velocità」もあります。

警察官が待機している場合も

スピード違反計測機の存在を知らずに、飛ばして通過すると、抜き打ちで待機してる警察官がいて、その場で罰金請求されます。その場合は、警察官の指示通りに従ったほうがいいでしょう。

まとめ

イタリア 自動車運転・初心者編で、スピード違反計測機が所々にあることを軽く触れました。

www.italia-sumeba.work

知らずにいたら、あとから請求書が届いたっていうブログをいくつか見かけます。楽しい旅行だったはずが、一気に気分が下がりますよね。

そうならないためにも、安全運転を心掛けましょ!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

参考になれば幸いです。