海外 イタリア 住めば都/sumebaのブログ

アレルギー性鼻炎・花粉症・自己免疫疾患・・・アレルギー体質で典型的なイタリア料理が食べられないイタリア在住ウェブデザイナー。主に食の話、ときどきイタリア観光

イタリアに来て5か月目、イタリア語会話は上達したか? 振り返り編

こんにちは。sumebaです。

イタリアに来て5か月目になります。

 

そもそも何しにイタリアに来たかというと、イタリア人とご縁があり、知り合って4年間イタリアと日本の超遠距離交際の末、結婚する前提で6月中旬から1~2か月間お試し同居した後、観光ビザが切れる9月中旬までに結婚式と滞在許可申請を済ませ、そのまま生活をし今に至ります。

イタリアへ来る前に、日本でイタリア語検定3級を合格ラインぎりぎりで取得しましたが、やはり、日常生活では全く追いついていないのが現実。

しかも、住んでいる場所は、交通手段は自動車で、ちょっと行くと周りは米や麦などの広大な畑・畑・畑・・・・があるピエモンテ州

f:id:sumeba:20181210014100j:plain
平日は、家に引きこもり気味・・・もとい、家事をしながら日本のクラウドソーシングで不定期収入ではあるけれどWEBデザインの仕事をしています。なので、平日の日中はイタリア語会話どころか、誰ともしゃべらず・・・状態です。汗。

それで、8月下旬からイタリア語個人レッスンを受け始めたのですが、当初は家から自動車で20~30分移動の繁華街にある語学教室へ通う予定が、先生が同じ集落地域に住んでいるとのことで、先生が自宅訪問してくれ、ますます引きこもり。(引きこもりの意味がちょっと違いますけど。)

週2回 1回90分レッスンで、かれこれ2か月経ちました。

筆者の意見ですが、イタリア人はよくしゃべる!

先生も、教科書にあるシチュエーションから自分の体験談をぶぁああーって引き出して、これでもかってくらいよくしゃべる!それを聞き取るのに毎回必死です。

そんな筆者の性格は、おしゃべりするタイプではなく聞くタイプ。。これは、上達しない原因の要素かもしれない。どちらかというと、一人の時間を好むタイプ。だから、誰ともしゃべらずにいられるのかもしれません。苦笑。

夫に、イタリア人はよくしゃべる!と言ったら、イタリア人がおしゃべりじゃなかったらイタリアでは死んでいるも同然だって・・・でも、筆者がおしゃべりじゃないのは個性だからと言い返しておきましたけど。

 

筆者の見解としては、

何かに興味を持つこと。

物事を掘り下げること。

イタリア語会話でなくても、上達の秘訣なのではと考えます。

 

何? 何で? なぜ? と掘り下げて興味をもっていけば、会話のキャッチボールもできてよいかも。

 

流暢なイタリア語会話の道のりは遠いが、地道にがんばろー。(自分に励まし)