海外 イタリア 住めば都/sumebaのブログ

アレルギー性鼻炎・花粉症・自己免疫疾患・・・アレルギー体質で典型的なイタリア料理が食べられないイタリア在住ウェブデザイナー。主に食の話、ときどきイタリア観光

アレルギー体質改善 粗食はいい!?【実践・修復と回復37日目】The Plant Paradox Program(食のパラドック)6週間で体がよみがえる食事法

※レクチンフリーのモロコシを使っていますが、雑穀アレルギーになる恐れがあります。ご了承ください。2019年2月23日追記

こんにちは。sumebaです。

アレルギー体質改善およびリーキーガット症候群を改善するため、アメリカの元心臓外科医スティーブン・R・ガンドリーさん著書のThe Plant Paradox Cook Bookを元に、6週間で体がよみがえる食事法The Plant Paradox Program を実践中。修復と回復期間、37日目です。(簡易レシピ付き)

約150年前の明治維新の頃までは、日本の食事は、主食に一汁一菜の粗食が基本で、祝いの日に魚などの動物性たんぱく質を食べていたようです。

粗食に対して賛否両論があり、栄養失調になり肉食を進めている医師や記事もあります。栄養バランスを考えた一汁一菜であれば、粗食でも問題ないんじゃないかと考えます。

The Plant Paradox著者のスティーブン・R・ガンドリーさんが進めているのは、良質な油と野菜は多めで、肉は少量です。

以下、スティーブン・R・ガンドリーさんのサイト先のページの中に、ピラミッド型の図があるのですが、野菜と良質な油を多くとり、穀物はなし、牛、ヤギ、豚は頂点にいますけど、少量の意味で、放牧された肉をさしています。

gundrymd.com

https://gundrymd.com/wp-content/uploads/2018/08/GMD-MatrixDiet-strategy.jpg

引用元:

The “Gundry Food Strategy” for Vitality

 一汁一菜とは、ちょっと違うかもしれませんが、普段の食事は野菜中心で、動物性たんぱく質は少量がいいんじゃないかと思います。和食も、基本的に野菜中心ですよね。

大豆以外にも、麻の実(ヘンプシード)などで、植物性たんぱく質は十分とれますし、炭水化物も、米よりも食物繊維・ビタミン・ミネラル豊富な、キビやモロコシなど取り入れれば、栄養バランスはとれるはずです。

筋肉隆々のゴリラは、菜食動物です。って、スティーブン・R・ガンドリーさんは、The Plant Paradoxの本の中で言ってました。

野菜だけでも、良い筋肉は作れることです。

では、37日目の内容です。

レクチンフリー 37日目の食事

朝(ブロッコリー、サボイキャベツのゆでサラダwithにんじんのマリネとオリーブ)

https://www.instagram.com/p/Bt5bQcch6DH/

The Plant Paradox Program 37 日目 朝 ブロッコリー、サボイキャベツのゆでサラダwithにんじんのマリネとオリーブ。エキストラバージンオリーブオイルをかけて食べました。野菜には、反栄養素を多く含んでおり、アブラナ科野菜、にんじんなど、シュウ酸が多いので、茹でるか加熱処理、もしくは、お酢に漬けることによって半減します。生で食べないことをオススメします。Insalata bollita di cavolo verza e broccoli con carote Marnate, olive nere e olio extravergine d'oliva. #senzalecitina #lectinfree #レクチンフリー #cucinare #cooking #料理 #theplantparadox #食のパラドックス #反栄養素

ブロッコリー、サボイキャベツのゆでサラダwithにんじんのマリネとオリーブ

にんじんは、千切りにして、ビニール袋に塩少々と一緒に入れ、水気が出るまでよくもみます。その後、スプーン1杯のエキストラバージンオリーブオイルと、スプーン1杯のりんご酢を入れ、よくもんで混ぜ、冷蔵庫に数分寝かせます。

茹でたブロッコリー、サボイキャベツを食べやすい大きさに切ります。

皿に、サボイキャベツ、ブロッコリー、にんじんのマリネ(漬け込んだ汁は捨てる)、オリーブを乗せ、エキストラバージンオリーブオイルをかけて出来上がり。

 

アブラナ科野菜やにんじんなどには、シュウ酸が多く含まれるので、必ず茹でるか加熱処理を、もしくは、お酢に漬け込むことで、シュウ酸は半減します。野菜は、生で食べないこと。

www.italia-sumeba.work

ただ、アブラナ科野菜は、抗炎症・抗酸化作用があり、にんじんも、抗酸化力による、免疫力向上、美肌効果に期待でます。オリーブは、腸内環境を整えて、美肌効果も期待できます。すなわち、腸活に、よい食べ物ですよ。笑

昼(モロコシごはん|大根の味噌汁|大根の鰹節炒め)

https://www.instagram.com/p/Bt52nlehlaN/

The Plant Paradox Program 37 日目 昼 モロコシ(高キビ)ごはん、大根の味噌汁、大根の鰹節炒め。大根の鰹節炒め、ごはんがススム!😋 って、食べたのは、米じゃないですけど。美味しかった!笑Sorgo bolliti. Zuppa di miso con Daikon e cipolline. Daikon salutati con pesce in polvere di Giapponese, salsa di soia, mirin e olio extravergine d'oliva. Anche prugna secca e alghe. #senzalecitina#lectinfree#レクチンフリー #senzaglutine #glutenfree #グルテンフリー #cucinare #cooking #料理 #theplantparadox #食のパラドックス

モロコシ(高キビ)ごはん

モロコシ180㏄(1合くらい)を、洗います。洗ったとき米ぬかのように白くなるので、水が透明になるまで洗い、30分くらい浸水します。

浸水し終わったモロコシを鍋に入れ、モロコシの3倍くらいの水を入れて、蓋をして20分くらい茹でます。

途中、火加減や灰汁とりをし、水分がなくなったら、火を止め、10分くらい蒸して出来上がり。

大根の鰹節炒め

大根の皮を剥いて、千切りにします。

フライパンに、エキストラバージンオリーブオイルを入れ、大根を炒めます。

大根の葉があれば、一緒に炒めます。

大根が透明になったら、スプーン1杯の醤油とみりんを入れ、炒めます。

汁気がなくなる寸前に、鰹節を入れて出来上がり。

 

醤油を入れ過ぎたかな~と思いましたけど、

これ、ごはんのおかずや、日本酒に合うと思います!笑 お弁当のおかずにも!いいかもしれません!笑

大根の味噌汁

おなじみの料理ですよね。

筆者は、鰹節と昆布で出汁をとって作りました。

作り方は、割愛させてください。

 

大根もアブラナ科野菜で、イソチオシアネートを含みますので、抗炎症、抗酸化作用に期待できます。また、消化促進もあり、腸内環境も整えてくれます。

夜(カジキマグロの塩麴焼|アブラナ科野菜のアンチョビ炒め)

https://www.instagram.com/p/Bt6oC0DhWL3/

The Plant Paradox Program 37 日目 夜 カジキマグロの塩麹焼。アブラナ科野菜のアンチョビ炒め。Bistecca al pesce spada con salsa Giapponese. Cavolo verza e broccoli saltati con acciughe, aglio e olio extravergine d'oliva. #senzalecitina #lectinfree #レクチンフリー #senzaglutine #glutenfree #グルテンフリー #cucinare #cooking #料理 #theplantparadox #食のパラドックス

カジキマグロの塩麴焼

カジキマグロの切り身に、塩麴を塗って、冷蔵庫に数時間寝かしておきます。

フライパンに、クッキングシートを敷き、カジキマグロを片面5分くらいずつ焼いて出来上がり。

クッキングシートを使えば、油は不溶で、後かたずけ簡単です!

麹は、善玉菌なので腸内環境を整えてく、肉や魚料理が柔らく仕上がり美味しいです!

アブラナ科野菜のアンチョビ炒め

茹でたサボイキャベツと、ブロッコリー、を食べやす大きさに切ります。

フライパンに、にんにく一片、エキストラバージンオリーブオイルを多めに入れ、野菜をいためます。

アンチョビを適量入れて、味が調えれば出来上がり。

白ワインをグラス1杯いただきました。

まとめ

筆者は、有機野菜を使用していませんが、添加物など入っていない良質な食材を選んで調理すれば、米も小麦も肉も沢山食べなくても、体には良いですよ。

関連記事は、以下になります。

www.italia-sumeba.work

www.italia-sumeba.work

www.italia-sumeba.work

www.italia-sumeba.work

今回は、以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

参考になれば幸いです。