海外 イタリア 住めば都/sumebaのブログ

アレルギー性鼻炎・花粉症・自己免疫疾患・・・アレルギー体質で典型的なイタリア料理が食べられないイタリア在住ウェブデザイナー。主に食の話、ときどきイタリア観光

イタリア ミラノで、寿司・天ぷら以外の和食が食べられる飲食店Gastronomia Yamamotoへ行ってきました!

こんにちは。sumebaです。

先日ミラノへ行く用事があり、お昼にお一人様ランチしてきました!

イタリア料理ではなく和食ですけど、寿司・天ぷら以外の日本のお惣菜が食べられるお店です!

筆者は、めったに外出しないんですけど、というのも、移動手段が自動車という田舎に住んでいると、まだ土地に慣れていなく気軽に一人で外出できない、汗・・・ましてや、食物不耐症で気軽に外食できない・・・なので、一人で外食するときは前もって下調べします。笑 

ミラノで、何度かお一人様ランチをしますが、今回、日本のお惣菜が食べらるお店「Gastronomia Yamamoto」さんへ行ってきました!

Gastronomia Yamamotoで、野菜5品セットの定食をいただきました!

ランチ営業時間は、12時30分から15時まで、予約はできないようです。

開店直前に行ったのですが、開店を待っているグループが数組いました。

予約できないことなんて知らなかったので、開店直前に行って良かったです。

ランチメニュー

メニューの表紙イメージ画像

メニューの表紙は、なぜかNHKテキストの「きょうの料理

ランチメニューは、小鉢・味噌汁・ごはん付きです。

  • カツサンド 12ユーロ
  • 鶏照り焼き 13ユーロ
  • うなぎ丼 19ユーロ
  • わかめサラダ 13ユーロ
  • 鮭丼 16ユーロ
  • 鮭の塩焼き 13ユーロ
  • 野菜セット(5品) 12ユーロ
  • 豚汁 12ユーロ 
  • うどん追加 2ユーロ
  • カレーライス 12ユーロ
  • 和風ステーキ 17ユーロ

野菜セット以外は、たぶん小鉢2品付きます。豚汁か野菜セットか迷ったんですけど、その時に聞いたら、そんな返答だったと・・・うる覚えですみません。

野菜セット(5品)

野菜セットイメージ画像

日替わり野菜セット

日によって、小鉢の内容が変わるようです。

筆者がいただいた野菜セットは、ブロッコリー胡麻和え、油揚げとひじきの煮物、茄子の煮びたし、カボチャの煮物、白菜の煮びたし、そして、白いごはんと、味噌汁です。

久しぶりに、日本の味を堪能でき美味しかったです!

他、ナチュラルミネラルウォーター2ユーロと、食後にエスプレッソコーヒー1ユーロを頼み合計15ユーロですけど、ミラノ価格なんで・・・まぁ満足です!

筆者は、一人で行ったので、食事を済んだらすぐに出ましたけど、順番待ちの人が、たくさんいました。あまり、のんびりはできないかもですね。

おにぎりやお弁当、総菜も売っているようなので、晴れた日にはテイクアウトして、公園で食べるのもいいかもしれません。

入り口近くにも席があって、どうやらお弁当を目当てに食べに来ているお客さんの様子でした。

筆者は、奥のスペースで定食をいただきましたけど、定食とお弁当と食べるスペースが違うのかな?と思いました。スタッフの方に確認していなので、確かな情報ではないですけど、汗。

Gastronomia Yamamoto 外観 お弁当・総菜売り場出入口

Gastronomia Yamamoto 外観 お弁当・総菜売り場出入口

Gastronomia Yamamoto 外観 出入口

Gastronomia Yamamoto 外観 出入口

お店情報

営業時間

月曜日 12:30~15:00

火曜日 12:30~15:00、19:30~23:00

水曜日 12:30~15:00、19:30~23:00

木曜日 12:30~15:00、19:30~23:00

金曜日 12:30~15:00、19:30~23:00

土曜日 12:30~15:00、19:30~23:00

定休日

日曜日

まとめ

今回はランチをいただきましたが、筆者が住んでいるピエモンテ州では、日本食レストランは大概、中国人か韓国人が経営し、大概、寿司か天ぷらなんですが、だから日本人以外の多くの人たちは、寿司・天ぷら以外の日本食に馴染みがないんじゃないかと・・・推測します。

ミラノは都会だけあって日本人経営の和食店があり、いいですね。自分自身が日本人なので、日本人が作った和食は、やっぱり美味しいです!笑

イタリア・ミラノ滞在中に、どうしても和食が食べくなった時は、ぜひ行ってみてください。おススメします!

 

今回は、以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

参考になれば幸いです。